FX初心者講座

【FX初心者基礎】ゴトー日の仲値トレードとは?海外FXのハイレバを使うと稼げる!?

どうも、たかりゅうです。

今回の記事では、
【FX初心者講座】ゴトー日の仲値トレードとは?海外FXのハイレバを使うと稼げる!?
を書こうと思います。

仲値とは!?

仲値とは、「銀行などの金融機関が円を外貨に交換するときの為替レート」のことを言います。

外貨両替の基準となる9時55分の為替レートを「仲値」と呼びます。

この仲値には法則があり、大きく稼げるわけではありません確実性があり、

海外FXではハイレバレッジによる取引が可能なため、とても相性が良く稼げる可能性があります。

【徹底解説!FX基礎】XMの口座タイプは3種類!どれを開設すべきか知ろう!! どうも、たかりゅうです。 今日は 『XM(XMtrading)の口座タイプは3種類』 について記事を書きたいと思います...

仲値トレード手法

銀行は決まった金額で取引や両替などを1日中行わなければいけません。

つまり、9時55分に決まる仲値をなるべく高い値段(ドル高)にしようと働きかけます。

銀行は9時55分までの為替レートを少しでも高くして、その日のトレードを有利になるようにするということになります。

銀行は仲値を引き上げようする

銀行は9時55分前にドル高(円安)にするために、その時間よりも前に大量に米ドルを仕入れます

そうすることにより、2つのメリットを作ることができます。

・銀行は9時55分より安い状態で大量に米ドルを仕入れることができる

・銀行は9時55分には大量に米ドルを仕入れたことでドルの価格が上昇するので、
 仲値をドル高にできる

つまり、銀行にとって有利に当日のトレードを進めることが出来るという結果になります。

銀行が仕入れる米ドルの量は、個人投資家が取引する額とは桁が違います。
かなり大量のお金が動かすことでこのような操作が可能なのです。

そして、専業トレーダーもこれを利用して資金を増やすことが出来ます

専業トレーダーも銀行の仲値に沿って利益を出せる

9時55分前にはドルが大量に買われることがわかっていれば

①ドルが大量に買われる(ドル円チャートが上昇する)前に買っておく

②9時55分(チャートが上がりきった時・仲値)に売るようにする

①②のどちらかをすれば、少しですが、利益が生まれることになります。

少しと表現しましたが、これは仲値が決まる前と後で銀行が大量にドルを買った場合でも、ほんの数Pipsしか動かないことがほとんどだからです。

それでも、海外FXのハイレバを使った取引なら、大きく利益を出せることができます!

仲値はドル高になる可能性が高い!と覚えておきましょう。

ゴトーの日は仲値が上がるので「ゴトー日の仲値トレード」手法が使われる!!

ゴトー日という、「5」と「10」のつく日はゴトーの日と呼びます。

つまり、
5日、10日、15日、20日、25日、月末日
のことです。

上記の日を「ゴトー日と呼び、

この日は銀行の企業取引が活発化します!

日本企業は取引や入金の日をこのゴトーの日に定めている場合が多いのです。
働いている人は、給料日がこのゴトーの日に当てはまることが多いと思います。

「5」の着く日に取引が集中するのは、決済日などが重なることが理由で、
このゴトー日は必然と仲値が上昇します。

仲値は銀行などが米ドルを大量に買うことでドル高(円安)になると説明しましたが、
ゴトー日はより一層その大量買いが起こります!

それは、企業が決済日だったり、銀行の取引が多くなったりすることが原因です。

つまり、海外FXのハイレバを使った取引なら、大きく利益を出せる可能性が高くなります。

「ゴトー日の仲値トレード」手法の2つの具体例とは!?

ゴトー日の仲値トレードは、
9時前後に買い(ロング)エントリーして、9時55分に売るという手法になります。

つまり、米ドル円で取引するのなら、9時前後で買い(ロング)で入り、ドル円があがったら、仲値は9時55分前に決済する。

仲値は9時55分には決まってしまうため、それ以降はドル買いは収まることになります。

もう1つは、
9時55分以降は売り(ショート)で入って、反転を狙う手法(逆張り)を行っていきます。

「ゴトー日の仲値トレード」はかなり有名な手法なため、今まで買われていたドル円が、
9時55分には反対に売られるので、下降トレンドに向かう傾向があります。

しかし、下降トレンドでは勝率があまり高くないことが散見できますので、
買い(ロング)手法だけに絞って取引するほうがリスクを抑えられる可能性が高いと言えます

「ゴトー日の仲値トレード」手法の注意点

「ゴトー日の仲値トレード」は有名なトレード手法ですが、以下の注意点があります。

・土日休日は「ゴトー日の仲値トレード」手法は使えない

・円高トレンドの場合は「ゴトー日の仲値トレード」手法は使えない

例えば、
9日金曜日で、明日がゴトー日の10日土曜日だから、ゴトー日はずれて9日になる」と考える方もいます。

しかし、実際に利益になる場合もありますが、
土日や祝日がゴトー日の場合、その前日、もしくは休日明けにドル買いが分散されます。
このため、この手法は控えたほうが良いと言えます。

また、強いトレンドが発生しているときはこの手法は機能しません。
特にドル円で下降トレンドが発生している場合、せいぜいそのトレンドを持ち直す(横ばい)くらいにしかなりません。

ドル高に到達しない可能性が高くなる場合が多いです。

つまり、要人発言が重なったり、2020年2月に発生したコロナウィルスのような災害やテロ(戦争)、などのファンダメンタルズでの変動もあるため、よくニュースなどもチェックしておきましょう。

午前11時の急落にも要注意

理由は正直なところわかってはいないのですが、
午前11時になると急落する傾向が非常に強いと覚えておきましょう。

普通なら午前9時55分から上昇した仲値が、午前10時を過ぎて下降すると考えてしまうところですが、午前11時までは停滞してから急降下することがとても多いです。

これを利用すれば、焦らず利益を伸ばせるということも覚えておきましょう。

「ゴトー日の仲値トレード」手法は海外FXのハイレバで効率よく稼げる!?

ゴトー日の仲値トレードは、大きな利益になるわけではありませんが、一定以上の利益は見込めます。

そのため、ハイレバで取引していくことで効率よく利益を伸ばしていけるでしょう。

レバレッジの高い海外FXでならさらに儲けることも可能になります。

もちろん、ゴトー日以外でも仲値は決まっていますので、それだけ銀行は大量にドル買いを行っているということも知っておいたほうが良いです。

効率よく利益を出すためには、慣れてきたら
「ゴトー日の仲値トレード」手法でハイレバでの仲値トレードをオススメします。

最後に

最後に一つだけ言いたいのは、僕の経験上
楽をして稼げるビジネスはネットもリアルも存在しないということです。

もちろん会社で働くよりも少ない時間で、大きな収益を稼げるというのも
ネットビジネスの事実でもあります。

コツコツと資産になるものを構築していったからこそ莫大な資産を構築することができます。

ただ、僕も含め僕の周りの仲間も誰一人として楽して稼いだ人はいません。

市場をリサーチして、ライバルサイトを観察したりしています。

それを繰り返し、コツコツとビジネスを続けていった結果、収益が安定しました。

悪質なビジネスには、資金ゼロやスマホのみでという甘い言葉に乗らないようにきちんと調べましょう。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

ネットビジネスに興味がある方へ

今回の検証でもより、皆さんが参加しやすいかどうかを検証していきました。

その知識からすると、これから副業をお考えの方には、
ネットを使ったビジネスがオススメであるということです。

仕事から帰宅してから、時間がない方や体力的に厳しく続けることが困難になってくる方もいるでしょう。

僕もこれまでにたくさんのセミナーに参加して稼ぐために多くの副業をしてきました。

現在は裁量によるFXトレードではなく、FX自動売買ツールで資産を運用しており、安定して資産を増やしております。

FXと聞くと難しい知識が必要なイメージがありますが、実際は裁量ではありませんので、

設定さえしてしまえば知識のない方でも始めやすく、

初心者の方には自動売買ツールはオススメとなります。

実際にFX自動売買ツールは僕が運用して利益を上げたものになります。

設定方法なども初心者の方でも運営側がしっかりサポートしてくれますので、安心してご利用できると思います。

資金が多いほど利益も大きくなりますが、少なくても始めやすいビジネスです。

FX自動売買ツールを人数制限を設け、期間限定でモニターを募集しており、無料
で使うことができます。

実績やFX自動売買ツールの受渡し方法は、以下の記事にまとめていますので、興味がある方はご覧ください。

https://taka-ryu.com/toolsoft/fxea/fxea6.html

FX自動売買ツール希望の方はこちらのLineに
・何を見て知ったか
・意気込み

を書いて送ってください。

以下Lineから友達追加をお願いします ※プレゼントを是非受け取ってくださいね!! 友だち追加   QRコードからも追加できます。 自由な人生はコチラをクリック

LINE@友達登録で24時間稼ぐ月利46%越えFX自動売買ツール『ビーストシステム』モニター参加募集中⇒ *詳細はこちらクリック*