FX初心者講座

【FX初心者講座】FXエントリーポイントの見つけ方!!根拠を意識して検証するべし!!

どうも、たかりゅうです。

今回は、「【FX初心者講座】FXエントリーポイントの見つけ方は根拠を意識して検証する」について、書いていきたいと思います。

意外と当たり前のことを言っているかも知れませんが、基本となりますので、しばらくして自分の手法や考え方を見直す時に一助になれば嬉しいです。

それでは、エントリーポイントの見つけ方の取り組み方をお離ししようと思います。

FXエントリーポイントの見つけ方の前に!!

FXでは簡単に言うと、とにかく「ポジションをエントリーして利益を確定させること」です。

これの繰り返しになります。ただ、だからといってむやみやたらにエントリーしまくるのは大変危険な行為だということは、誰しもお気づきだと思います。

ポジションを持つということは利益が出る可能性と同時に、
損失を膨らませてしまうリスクもあることを強く認識していく必要があります。

FXトレードでのエントリーポイントの見つけ方は、
様々なエントリー要素を複数的に見つけて総合的に判断する必要があります。

エントリーポイントを見つけていく作業は、

採用しているトレード手法(トレードロジック)やエントリールールにもよりますが、
FXトレード実践において、7割方を占める作業でかなり重要なポイントと言えます。

トレードはエントリーポイントを想定してシナリオ想定を建てておいて、
その相場状況がくるまで待つことに多くの時間を費やします。

手法はそれぞれ違っても、チャートを見ていく為の材料と判断強化は大切なのです。

どのような手法でも共通して意識しておくべき内容を説明します。

FXエントリーポイントの見つけ方とは!?

FXトレードにおいてエントリーポイントを見つける方法は、
実践しているトレードルールや手法により様々となります。

それでもエントリーポイントを見つけていく手順は以下の流れが基本的な手順になります。

・チャートの環境認識をしていく
・レジスタンスサポートラインを引いて分岐点を見る
・テクニカルインジケーターの状況を見る
・ダウ理論とトレンド状況を確認する
・発生しそうなチャートパターンを考察する(プライスアクションも意識する)
・毎日トレードのシナリオを考える
・どの価格帯でエントリーしてイグジットしていくかを前もって想定します。

トレードシナリオをエントリー前に構築しておくと、
利益確定も損切りも計算の範疇で実行することができるからです。

この中で僕が大切だと思っている点は「毎日トレードのシナリオを考える」という項目です。

シナリオのエントリーポイントに価格がくるまで待つことです。

そして、FXは勝率の高く損小利大のトレードシナリオを考えたら、そのポジションまで価格が推移するまでひたすら待つことが今後勝ちトレードを引き寄せる秘訣でもあります。

なぜなら、むやみにエントリーしていくのは勝率を落とすばかりか、想定外の値動きで大きな損失を出すリスクもあるからです。

エントリーポイントを見つけていく作業は、チャート状況を分析して勝率の高いと判断できるポジションでエントリーします。

しっかりと、レジサポラインやトレンド状況が自分なりに把握できていれば、チャート環境認識やトレードシナリオの構築は瞬時にできるようになります。

これは、毎日のトレードシナリオを行うことで構築できるようになりますので、ご安心ください。

FXトレードは一度構築した実力はずっと使えるものですし、チャートを見続けて検証を続ければそうすぐには腕も落ちません。

エントリーポイントを見つける作業も繰り返しの訓練です。

過去チャートとリアルトレードの検証で実力をつけていくことが大切です。

過去チャートを検証することが大切!?

過去チャートを検証することがなぜ大切なのか?

ポジションエントリーする際に意識する根拠は、

過去チャートを検証して値動きのクセであるチャートパターンや、ダウ理論によるトレンド状況、テクニカルインジケーターの値動き関連性を探ることにより根拠

とすることができるからです。ただ、為替相場の動きに絶対はありません。

しかし、チャートの値動きが世界中の投資家の深層心理の結晶であることから、動き方のクセはチャートパターンとして学習できます!!

世界中のトレーダーが意識しているレジサポラインを知ることもできるので、

過去のチャートを検証してプライスアクションが起きている傾向を知ることで、
これからのトレードのエントリー根拠とすることができます。

常にエントリーの根拠を意識することが必要!?

エントリーポイントを見つけていくには、以下の事柄を常に意識します。

なぜそこの場所でエントリーすべきなのか
エントリーするとどういったリスクがあるのか
エントリー後の利益確定はどのくらいで、損切りはどのあたりになるか

相場が動くのは基本的に理由があり

の中で「大きな流れの中の一部分を利益として取りに行く」というイメージを持つことが大切なわけです。

想定外に反対方向に動いた際の損失リスクも同時に発生しますので、ポジションを持ってエントリーする根拠は常に意識し、根拠が崩れたときは損切りする根拠にもなるわけです。

しっかりと戦略や想定内ののエントリーなら根拠がありいいのですが、
勘やなんとなくエントリーしたポジションは「ポジポジ病」の可能性すらあり、大変危険です。

何度も繰り返しいいますが、為替相場が動くのに理由があるように、ポジションエントリーする際にも根拠を明確に意識するというか必ず根拠を明確にしエントリーすることが必要になってきます。

自分自身のリアルトレードを検証!?

FXはポジションをエントリーして相場が動き、利益を確定するか損失を確定することで結果となります。

自分自身のこれまでのリアルトレードの記録をつけていき、

どういったシナリオでエントリーしていき、その結果、相場がどのように動いて利益もしくは損失をだしていったかを分析・検証します。

リアルトレードの履歴は、自分が今後トレードしていくうえで最重要な肥やしとなります。

言い過ぎかも知れませんが、自分の財産となっていく物です。

FXポジションエントリーする際の心がけ!?

FXは利益を獲得する為に勝率が高いエントリーポイントを探す作業になります。

その場所を見つけるために「チャートパターン」「テクニカル分析」「ダウ理論」等を学分必要があります。

トレードシナリオ想定したら、そのポジションの価格が来るのを待ちます。

以下は僕個人が思っているエントリーする際の心がけです。

・理解しているチャートパターンのみエントリーする
・理解しているチャートパターンがでるまで待つ
・狙っているレジサポラインまで待つ
・分析したチャートパターンを再検証する

※チャートパターン=自身が分析して実践するトレードロジックを指します。

基本的に分析したチャートパターンを構築した後で、得意なチャートパターンを増やしていくことでトレードの幅を広げていきます。

長期的にFXトレードを実践していく中で、リスクをなるべく減らして利益を獲得していける手法を見つけていきましょう。

FXトレードルールの作り方と検証方法とは!?

FXトレードは、エントリーポイントや利益確定ポイント、また損切りポイントを決める

「トレードロジック」(トレードルール)が必要不可欠です。

裁量トレードでその時々の相場状況にあわせていくとしても、

基本的な自分のトレードスタイルを固めていくことがなにより大切になってきます。

それと同時に、
相場状況からルーティーンでトレードしていくトレードロジック(ルール)を確立することは、安定的な利益積み上げに直結します。

繰り返しになりますが、FXで利益を出し続けるには、メンタル的管理の部分が重要です。
ただ、どんなにチャートパターンを分析し、理解して相場に慣れ親しんだとしても、精神的に不安定な状態だと判断を誤る確率も高まります。

トレードロジックとルールを確立させることは、今後長期的にFXで成果を出し続けていくのに重要です。継続は力です。

自分自身のトレード手法をしっかりとルール化することで、

メンタル的な負担を減らし余計なエントリーを減らすことで、

結果的に不必要な損失を減らしてリスクマネージメントに繋がっていきます。

トレードロジックをルール化して勝つことが重要!?

FXトレードにおけるエントリー(入口)とイグジット(出口)のトレードロジックとは、
エントリーして決済するまでのパターンをルール化したものです。

裁量トレードである程度のエントリーとイグジットを調整するとしても、
プロトレーダーにも得意なチャートパターンや手法があります。

自分な得意なチャートパターンをあらかじめルール化しておくことで、想定外の値動きでもメンタル的な負担少なく対応することもできます。

自分の手法がデイトレードなのかスキャルピングなのか、
またスイングトレードなのかによっても考え方ももちろんのこと、

見るチャートやエントリーポイントやエグジットポイントも変わってきます。

そういった状況の中で安定的に利益をだしていくには、
チャートパターンと利益の出るエントリーやイグジットを叩き込み、

ルール化してそのチャートパターン化してエントリーすればいいのです。

言うのは簡単ですが、経験や実績を積んで勝ちパターンを増やしていくといったイメージです。

要するにトレードロジックのルールを作るということは、
勝ちパターンを見つけてルール化する」ということです。

勝ちパターンの反対で損切りするパターンもルール化する必要があります。

勝ちパターンではないとわかったらすぐに損切りことで上手く負けることができます。

それによりエントリー精度と勝率をあげることで利益を安定化していきます。

またエントリーパターンのみならず、
トレードを実践する際の事柄もルール化することでメンタルケアすることもできます。

トレードは感情的にならず、機械的にすると言うことが何より大切です。

FXトレードロジックとルールとは!?

FXでロジックも含めたトレードルールを作るのは
利益を安定させる
トレードによるメンタル負担を減らす

という目的があります。

そこで、
様々なトレーダーが考案して実践しているトレードルールの例をあげていきます。

トレードルールには、いわゆる「トレードロジック(手法)」と「トレードの取り組み方」を含みます。

シンプルに言うと「エントリーパターン」「トレード実践の心構え
このふたつからできていると言えます。

チャートパターンによるエントリーと決済パターンを決める

いわゆる「トレードロジック」手法の部分に当たります。

自分のトレードスタイルからトレードするチャートパターンを決めておいて、
それ以外の相場状況やチャートパターンでは様子見していくルールです。

長期的に相場と付き合い続ける為のルールであり、これを続けることで相場から退場することは防げると思っています。

利益確定と損切りの幅を決めてエントリーする

あらかじめ利益確定と損切りをピプス数で決めておくルールです。

トレードにおいて利益確定ポイントは、判断が難しいですが、
水平線を毎日より、レジストラインやサポートラインが分かるようになってきます。

それをあらかじめPIPS数で決めてエントリーすることで、
利益を取りこぼすことなく、わかりやすくトレードできます。

損切り幅も決めておくことで、シンプルにトレードできますし、機械的に行う事も可能です。

エントリー方向は大枠のトレンドの流れのみ

相場の長期足トレンド方法を考えた順張り手法は鉄板ルールです。

僕自身もこのルールは徹底することにしています。

大枠の相場の流れ(トレンド)に従った順張りをしていくことで、
より利益を伸ばしやすく損失を防ぎやすいトレードができます。

大枠の相場の流れとは、月足や週足のことです。この大きな流れを見ておくことは必須です。

疲れている時にはトレードしない

眠い時や疲れていたり体調が悪い時等にトレードしないのは、合理的なトレードルールと言えるでしょう。

FXトレードはメンタル面が弱くなっていると勝率に影響されるものです。

不用意なトレードで損失を防ぐ意味でもこういったルールは必要です。

大切なのは長期的に相場で利益を出し続けていくことですので、体調が悪い場合はトレードはしないと決めておきましょう。

FXトレードルールの作り方とは!?

それでは違う視点からFXトレードルールの作り方を見ていきましょう。

チャートパターンからの
・エントリー決済のトレードロジック
・トレード中の決め事であるトレードルールを作る

には、以下のような流れを実践していくのがオススメです。

ルールをつくり、それを守りながら実践してための設計図ですので、自分と相談しながらじっくり決めていくことが必要になってきます。

自分のトレードスタイルを考える

自分の生活スタイルを考え、
デイトレードスキャルピングスイングトレードかを決めておくことが必要です。

またテクニカルインジケーターはどんなものを利用するか等、自分がFXトレードを実践するスタイルを決めていきます。

インジケーターはたくさん利用すれば良いということではありません。

しっかりトレードスタイルに合わせたインジケータを選ぶ必要があります。

トレードに利用できる時間帯ももちろんのこと、資金状況等も吟味する必要があります。

利益をあげているトレードルールを調べてモデリング

FXはシンプルに安くなったところで買って高くなったら売れば良いのです。
※ショート(売り)から入る場合は逆

そんな感じでFX自体のルールがシンプルなので、
トレード手法の勉強もせずにいきなりなんとなくトレードをそのまま始める方が多いのも事実です。

それでも、トレードしながら学ぶ方法もありますが、
一番簡単なのは、利益をあげているトレーダーのトレードルールをモデリング(真似)するのがオススメです。

そうすることにより利益をあげ続けるトレードのやり方と、そのトレードルールができた考え方を理解することができます。

利益があがればそのトレードルールを、そのまま実践し続ければいいのです。

得意なチャートパターンを増やしていく

利益をあげ続けているトレードルール(ロジック)は、
チャートパターンの見極めとエントリーからイグジットのトレードパターンをルール化したものが多くあります。

要は自分自身がどんどん利益を取れるチャートパターンを増やしていくことで、
エントリーチャンスが広がり利益を広げやすくなります。

※ポジションのエントリーロット数を増やすという意味ではありません

トレードルールは自分の都合で変えてはいけない!?

為替相場はイレギュラーな出来事も日常的に起こっており、何が起こるか分からないと覚えていく必要があります。

そこで完全ルール化したシステムトレードも有効ですが、
自分自身で相場状況をある程度判断して、トレードルールを調整することも重要であると覚えておいて下さい。

ただ、トレードルールを決めて実践する中で大切なのは、
自分の都合でトレードルールを変えない」ということです。

以下のようにルールを変えることは、ハイリスクです。

・もう少しで含み損が戻りそうだから、根拠のない逆指値を広く取った
・眠くてしょうがないのに、なんとなくトレードしてしまった
・今、ちょっと動きそうだから根拠のない逆張りしてみた

普段実践しているトレードルールを自分都合で変えると、他のことも全部自分の都合で考えるようになります。

含み損が膨らんでも、価格は戻ると自分は信じて待ち続けたのは、その最たる事例です。

要は、根拠のない自分都合の考え方であると言うことですね。
FXあるあるですが、その結果、強制ロスカットもよく聞きます。

トレードでの状況に応じた調整は必要ですが、
検証済みのトレードロジック、ルールを自分の都合で変えないようにして下さい。

損小利大手法のFX実践方法と勝率の意味とは!?

FXで利益を積み上げていくには「損小利大」のリスクリワード比を意識することが必須です。

利益を伸ばそうとポジションエントリーしていっても、利益確定した時の利益が少なく、
損切りした時の損失額が大きければ資金は絶対に増えません。

利益確定金額 > 損切り金額 (× 勝率)

これがFXで利益を残すためには絶対な計算式とるのは皆様でもわかっていることです。

ただ、特に為替市場という大きな荒波に個人トレーダーが入っていく時、

利益確定する時は自分で利幅を選択しやすいのですが、
損失を確定させる損切りは膨らんで大きくなりがちなのが特徴があります。

これは心理的に働くもので、
なるべく損失は確定したくない」と思ってしまうこと。

大きな決定な事柄や判断目安がないということで、損切りできないことになり、
含み損が大きくなり損切りをすることになり、精神的な痛みを伴うものになる結果になります。

対して利益確定は、値動きが反対に動いて利幅が小さくなるのを恐れ、
なるべく早く利益確定してしまいたい」のが人間心理です。

利確しないで更に利益が増えるのをまっていたら損失に転じたということも、
FXトレーダーであれば日常的に起こりうるものでもあります。

損小利大を追求するのは人間本能の心理に逆行した部分がありますので、ものにすれば強い武器になります。

よく言われる二者択一の例えで以下のものがあります。

・今すぐ100万円もらえる
・明日まで待ったらもしかしたら200万円貰える(もらえない時は0円)
このどちらかを選択する時に、殆どの人は「今すぐ100万円もらえる」方を選択します。

こういった一連の心理状況は「プロスペクト理論」により行動経済学的に証明されています。

実は「明日まで待ったらもしかしたら200万円貰える」と選択する方のほうがFXに向いていると言えます。

FXトレードの場合もチャートパターンやトレードルールが確立してないと、
今確定している利益を確保することに目がいきがちです。

しかし、逆の発想で、
1日待てば200万円もらえる確率がかなり高いことがわかれば、1日待つという考え方にもなると思います。

FXトレードではチャートパターンやテクニカルを習得し、
トレードルールを確立することにより、それの考え方になる思考を目指していきます。

FXでの損小利大のトレード手法とは!?

FXトレードでの損小利大手法は「勝ちトレードの利幅を伸ばす」ことです。

20ピプスで利益確定したトレードが、もしもその後ポジションを持ち続けていたら、
100ピプス以上獲得できてたりすることもよく起こりうるのがFXです。

勝ちトレードの利幅を伸ばすことで、損小利大の損益比を実現したいところです。

こういった相場の値動きは「トレンド」発生の状況をみながら
チャートパターンと移動平均線等のテクニカルである程度判断できます。

それにより利益確定のポイントを最大化していくことが理想的であると言えます。

コツコツドカーンにならない為のトレード手法

FXや各種投資系分野において「コツコツドカーン」は典型的な負けパターンです。

「コツコツドカーン」とは、コツコツと薄利を得るトレードを繰り返し、
1回の負けトレードでドカーンと莫大な損失を出すやり方のことです。

せっかくコツコツ積み上げてきた利益を1回の負けトレードですべてを失うのはメンタル的にも良くありません。

トレードでは損切りする負けトレードもあるものですが、
その負けトレードの損失額をなるべく少なくする必要があります。

この損失額を少なくするということがトレードでは最重要課題となります。

損切りする金額が利益確定金額よりも多い場合は、勝率が低いと口座資金が減っていくのは当たり前なので、

エントリーの精度とイグジット(利益確定及び損切り)の精度をあげていくことが必要になります。

相場分析スキルを磨いて、高勝率を目指していくことが重要です。

トレードしていくエントリールール(ロジック)がしっかりと定まっていれば、
エントリー精度を高めることのみでもコツコツドカーンを減らせます。

その為には(繰り返しになりますが)以下のことをやっていきます。

・チャートパターンをたたき込む(トレードロジックを理解、過去チャートの分析)
・テクニカルを理解する(相場分析スキルの向上、重要指標の回避)
・トレードルールを確立する(自分のトレードスタイルの勝ちパターンを増やす)

ポジションをエントリーしたら、ストップロス(逆指値)を設定するのは最低限の条件です。

コツコツドカーンを失くし、エントリー精度をあげて勝率と実績を向上させていきます。

損小利大手法で目指すべき勝率と利益幅

FXトレードは1回のトレードで獲得する利益幅を増やし、
トレードの勝率をあげていくことで利益を積み上げていきます。

結局のところ口座資金が増えていけば良いのです。

例えば、9回小さい損失の損切りをしたとしても、10回目のポジションエントリーで9回の損切り損失を全て取り戻す大きな利幅を取れることもにあります。

ただし、この手法はオススメしません。本当に9回連続損切りとなるとエントリー精度を見直したいところです。

為替相場の大きな流れのトレンドをしっかりと把握し、
それに従ったポジションエントリーを心掛けていき、利幅を伸ばすことを心掛けて損小利大を目指すことが重要になってきます。

目指すべき手法は「勝率が少なくとも利益が残る利益幅」の獲得です。

最初は利幅を取るのはなかなか難しいですが、
チャートパターンとレジサポライン、テクニカル等で相場感を掴むことです。

これは日ごろからシナリオ想定をすることで必ず身に付きます。

大きな利幅を取れるように実力をつけていきましょう。

FXで利益をのばす為に理解すべきこととは!?

FXで利益を伸ばす為に理解すべきことがあります。

ポジションエントリー回数分だけ損失を出すリスクが増える」ということです。

FXトレードは利益を焦るばかりにエントリー回数が増えていきがちです。

そして「ポジポジ病」と呼ばれる
エントリーしてないともったいなく感じる病気になります。

しかし、本来ポジションを持つことは、大きなリスクを背負うことなのです。

為替相場はいつ何が起こるか分かりません。

・スイスフランショックによる相場乱高下
・大震災等の自然災害による相場下落
・リーマンショックによる相場下落
・コロナショックによる相場下落

・アメリカトランプ大統領の発言による為替相場への影響
・クリスマス時期、年末年始による相場乱高下

利益を出す可能性がある半面、資金を失う可能性もあります。

FXトレードで相場に居続けるには、以下のやり方を目指してください。

・チャートが見えて勝率高いと判断できるところのみでエントリー」
※相場分析をして、トータルで利益が残るトレードロジック通りのトレード

それ以外のところは、単にロウソク足が上下しているだけなので、5分足での上下は気にしないことです。

それくらいの気持ちでいないと、
巨大な為替相場にお金を持って入っていくのは危険です。

コツコツドカーンで損失を出して資金を失くすトレーダーは多いです。

しっかりと利益を出し続けられるトレードルールと実力を確立して、
感情的に損切りしたり、利確をしないようにしましょう。

まとめ

今回は、「【FX初心者講座】FXエントリーポイントの見つけ方は根拠を意識して検証する」について、書かせていただきました。

大切なポイントが満載なので、是非ご活用ください!!

この記事が良いと思われた方は、友だち追加下さると嬉しいです。

ネットビジネスに興味がある方へ

今回の検証でもより、皆さんが参加しやすいかどうかを検証していきました。

その知識からすると、これから副業をお考えの方には、
ネットを使ったビジネスがオススメであるということです。

仕事から帰宅してから、時間がない方や体力的に厳しく続けることが困難になってくる方もいるでしょう。

僕もこれまでにたくさんのセミナーに参加して稼ぐために多くの副業をしてきました。

現在は裁量によるFXトレードではなく、FX自動売買ツールで資産を運用しており、安定して資産を増やしております。

FXと聞くと難しい知識が必要なイメージがありますが、実際は裁量ではありませんので、

設定さえしてしまえば知識のない方でも始めやすく、

初心者の方には自動売買ツールはオススメとなります。

実際にFX自動売買ツールは僕が運用して利益を上げたものになります。

設定方法なども初心者の方でも運営側がしっかりサポートしてくれますので、安心してご利用できると思います。

資金が多いほど利益も大きくなりますが、少なくても始めやすいビジネスです。

FX自動売買ツールを人数制限を設け、期間限定でモニターを募集しており、無料
で使うことができます。

実績やFX自動売買ツールの受渡し方法は、以下の記事にまとめていますので、興味がある方はご覧ください。

初心者が月利38%以上稼ぐFXEA『ウルフシステム』(ドル円専用)が遂に限定モニター募集! どうも、たかりゅうです。 今回は『月利38%以上を誇るFX自動売買システム(EA)を提供する』 独自企画の募集を開始しま...

FX自動売買ツール希望の方はこちらのLineに
●何を見て知ったか
意気込み

を書いて送ってください。

以下Lineから友達追加をお願いします ※プレゼントを是非受け取ってくださいね!! 友だち追加   QRコードからも追加できます。

LINE@友達登録で24時間稼ぐ月利56%越えFX自動売買ツール『ビースト+システム』モニター参加募集中⇒ *詳細はこちらクリック*